IMGの病院活性化
HOSPITAL ACTIVATION

グループ法人の経営改善実績例

医療法人 同仁会の場合

同仁会は、北海道函館市にある一般病床30床と医療療養病床87床、精神一般病床105床(休床中)の計222床の病院である。

前理事長兼オーナーが高齢で後継者不在の為、IMGが平成30年6月(体制的には7月から)経営を引継ぎ運営開始。医療圏は、近隣に648床の市立函館病院をはじめとする大型急性期病院他、ケアミックス病院、精神科病院などがあり、その後方支援病院的な役割を果たしてきた。

しかし、地域連携的な営業はほぼしておらず、全体で8割弱の稼働を何とか維持。また、精神病床は休床中、一般病床は入院が長期化し、看護師も不足し、最も低い特別入院基本料を算定。

医療療養病床も入院基本料2で医療区分が低い患者が多く、収支的には、赤字の状況。そこで、過去の愛和会、健永会同様に以下の施策を今村の同期の院長、健永会の看護師長と共に、即実行。既に引継ぎ3か月後の平成30年8月には黒字化、平成30年10月には満床。

現在精神科病床の一部再開も予定。月次の売上は引継前対比+26M、経常は+15Mと大幅改善された。

①連携室の営業活動の大幅改善等による稼働率UP。
4か月後の10月には満床を達成、維持。

外来少なく、外来から一般床への入院は皆無。地域に経営が代わったことを周知し、患者の受け入れ体制が整った事を詳細かつ頻回にわたり周知し、患者紹介につなげ、稼働率2割UPを実現。

②医療療養病棟の入院基本料を2⇒1に。

入院患者紹介の見直しと医療区分、ADL区分の再アセスメントを実施し、医療区分2・3の80%以上を維持し、入院基本料を2⇒1に変更。

③特別入院基本料⇒地域一般3に。
精神科病棟の一部再開。

2019年9月頃共に実施予定。

ページの上へ